読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芸術で生活する事を考えてみたけど。。。

壁いっぱいに大きな絵を描いても、ゲームや漫画、映画を越えるような心を揺さぶられる表現が出てくるとは思えないし、いくら掘り下げても情報に埋もれてしまいます。

一般の人からすれば、芸術なんてサブカルの延長線上でしかないと思うんです。現に現代アートなんてアニメイラストみたいなのばっかだし、美だけで1枚の絵を30万も払って買いたいなんて人は、金持ちでもそうそう居ないでしょ。

奇行を痛々しくアピールして世間に注目浴びても、芸能人としてで、絵そのもので食っていくことはできないと思うんですね。

 

あえて貧乏覚悟で芸術の道をいくなら、アルバイトと個展の両立して細々やっていけばいいかもしれないけど・・・アーティストと名乗っているのに一本で生活できないって、アーティストと言えないと思うんです。

金って社会的信用で、その社会的信用が無い時点で評価されてないってことで、アカデミックではないし、サブカルを高値で売りつける人で終わると思うんです。

美はあると思うんですよ。美は。でもその美を分かって生活できるカネ出してくれる人って居るのかな?

 

やっぱアーティストと認識して生活できるようになるには、わかりやすいブランド力が重要になると思います。

 

大衆にアプローチするのではなく、美術界1位のコミュニティーで価値を示し権威づけしていくことで真のアーティストになれるのかなと。

 村上隆の著書に書いてあることだと、ニューヨークの芸術団体に所属するのが手っ取り早いらしく能力的には下記のものが必要になってくるみたいです。

--------------------------------------

・英語

・プレゼン能力

・人脈

・芸術の文脈を理解した作品

 --------------------------------------

 想像しただけで果てしなく遠い道のりだし、凄まじいスキルですね。

 

でも、この道は避けて通れないです。

アーティストとは歴史的転換点になる新しい価値観を提示して金にする職業

と、個人的に思っているので、その転換点に立ってる人ですよっていう権威付け必要だと思うんです。

 

芸大入ってニューヨークの芸術団体とのコネに繋がればいいんですかね?

まあ、リアルティー沸かない。

 

だから普通に広告代理店で就職した方がいいって結論になるのかな。

 そこが入れなかったら、日展に入選して会員になるぐらいか・・または

きっぱり芸術の道は切り捨てて、フリーのイラストレーターかwebデザイナーになって生きていくことが、安住の地になると思います。

サンクコストを乗り越えないとドンドン追い詰められていく、上か下かしか無いギャンブルな世界だわ。

 

----------------------------------------------------------------------------------

↓良かったら遊んでね↓

 

■appstore

 googleplay